たわいない日常

更新は気まぐれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯電話で5~memo1~

大変お世話になっている携帯動画変換君です。
作者様には最大の感謝をもって、有り難く使わせてもらっています。


vistaくんが我が家にもやってきました。
使いにくいことこの上ない・・・慣れるまで辛いかも…ファイルがどこに行ったかわからん…i|ii orz ii|i


vistaでavi動画を携帯動画変換君を使用して、携帯電話(W64S)にいれてみました。
うん。すごいよ、携帯動画変換君!


ついでにiPodにも、いれてみました。
これは、CravingExplorerでダウンロードするときに、iPod用で落としたものなので、変換なく入りました。

あとは……ニ●ニ●ムー●ーメー●ーで作られたのが、ね~
今のところ、無理っぽい。
音だけは拾えたけど。hugflashで…作者様に感謝です♪

そのままの動画を入れるのは無理らしいです。
分解すれば…んなめんどくさい。
写真数枚と音楽くらいならなんとかなりそうですけど、変換しまくりになる。

ipodや携帯に移してどうしても観たいっつぅ動画がないので、しませんが。
スポンサーサイト

美しいと思える廃墟

とっても美しいと思える廃墟だと思ったので。


ニコ動から






特に廃墟が好きなわけではないが。
ホラー系とか嫌いだし、怖い系は見たくないんだけど。
とても奇麗な写真を撮ってられて、素直に美しいなと思ったのですよ。
また、BGMが合っていて余計に……ラ○ュタだと。

キャプチャした画像の編集2

今回は、画像を弄り倒したものを……
はい。前回すっ飛ばしたトコロです。


===== 加工例 =====


引き伸ばしたり移動させたり重ねたり。
レイヤーの所を見て頂けるとわかると思いますが。
色々レイヤーを重ねてます。

使う画像はできるだけ画質の良いもの、大きいサイズのものを使うほうがよろしいかと。



----- 画像 001 -----
編集作業9



イロイロ修正の痕跡がありますが…


●最背面:真っ黒に塗り潰したもの(これは外円内に隙間がなければいらないと思う)
下方から右下があいてるので。

●上部城:上が空いてしまったので(赤□)、スタンプツールや筆ツール(ブラシサイズはぼかしタイプ?で大きいほうが良いかもです)で空の色を調整or書き足し
※新しいレイヤーを用意して重ねてもいいかもですし(色味によっては画像の切り目?の線がくっきり見えます)、レイヤー複製で様子を見ながらでもいいかもです。

●エドワードアップ:拾ってきた画像です。
人物だけ切り取り、髪の毛がばっさりと切れてしまっていたので(白○)手描きで修正

前髪部分だけ範囲指定 → 少しだけぼかし(フィルタ→ぼかし(ガウス)入れる……てごまかしてみました

レイヤーパネル上部の不透明部分を左に動かして透明感を出してみました
(画像002の赤□)

●彼女:キャプチャから切り取り → 画像調整 → 位置合わせ → 不透明部分を左に。背景と馴染ませる感じにしてみたのですが…(画像002の赤□)

----- 画像 002 -----
編集作業13


●下部彫刻してるとこ:画像調整 → 位置合わせ → ちょっと覆い焼きツールを使う(氷像の部分)

周りとなじませるために周りを適当にぼかし

更に新規レイヤーで黒のグラデーション入れて周りを調整(画像003↓の白□)

----- 画像 003 -----
編集作業12



●タイトルはちょっと位置をずらした程度

外円合わせて調整。


プリントアウトしてみましょう!

でも試し印刷はしたほうがいいよ!と言う例が……orz

----- 画像 004 -----
編集作業14


右側が失敗したのです……(涙)
はい。自分のアホさがでています(T.T)

なぜかと言うと、プリンタの調子が悪かったのですっ
赤味が強く出てます。黄色のインクが出てなかったんですねーアハハ
ノズルチェック、ヘッドクリーニングはしたほうがいいです……(>_<)
左側がプリンタ調整して、普通紙にプリントアウトしたものです。



こんなので良かったら、持ってかえってください。
その際は、できればぽちっとしてくれたらとっても嬉しいです。
ちょこっと修正を加えたり加えなかったり…?なレーベルですが、持ってかえってください。


JPEG高画質:80
1000×1000 pixel

ご自分のパソコンに保存してからご使用ください。
お試し印刷をしてください。
お使いのモニタやプリンタによっては、色味が変わることもあると思いますので、ご了承の上でお使いくださいね。

画像をクリックすると大きい画像が出ますので、それを保存してくださいね。


----- サンプル -----
シザーハンズのDVDレーベル

キャプチャした画像の編集

着る服に悩む今日この頃。
あったかいんだけど、風があってチャリに乗るとちょっと寒い。けど、必死こいてチャリこいでるので着いたらじんわり汗が。でもすぐに引くので…だから風邪引くんだってば(>_<)




さて。
前回、キャプチャした画像を使って編集作業を進めていきます。

えーと。
お使いのパソコンによっては色味とか見え方が違うかと思いますので、その辺はご了承ください。

編集しながら、別名保存して試し印刷を何度もしてみると、自分が思う色に近づけるかもしれません。
試し印刷するときは、JPEGでしたほうが良いかと思います。

※※元画像は残しておきましょう!※※




===== 編集してみるぞ =====


使用ソフト:Adobe Photoshop Elements7.0(お試し版)
Photoshop Elements 7 日本語版 Windows版 通常版Photoshop Elements 7 日本語版 Windows版 通常版
(2008/10/17)
Windows

商品詳細を見る



何度も言い書きますが、元画像は残しておきましょう!

失敗した時とか、引っ張り出してきてやり直せるので。……最初から(-_-;)



1.キャプチャしたものを開きます。

----- 画像 001 -----
キャプチャしたもの

はい。今回はシザーハンズです。
下部に開いた画像が全て表示されてます。
今回は4枚のキャプチャしたもの、と、1枚の画像を使用しました。
一番右の透明のは外円のフォーマットです。


2.右側パネル上部のクイック → 下部 表示:補正前と補正後-左右に並べて表示

にしておくと、どれくらい補正されるかされたかの確認をしながらできますので便利です。


3.画質調整で編集していきます。

これは、どうなんでしょう?詳しくないのでどこをどう、と言われてもよくわからないのが正直なトコロです。
で、プリントアウトが目的なので、それを踏まえた調整を教えてくれそうなステキサイトさんでお勉強。



画質調整 → ライティング → レベル補正

----- 画像 002 -----
画像編集作業1


画像の濃淡?の調整って感じですか……?
今回はスライダー(白△とグレー△)を左に。氷像の透明感が出て少しはっきりしました。

5.画質調整 → カラー → カラーバリエーション

これも…どうなんでしょう?
違いのわかるオトコオトナになりたい…orz
今回は現在の画像でいいかな~と思ったので、そのままでOKとしました。
下の赤○適用量:下から2つめが目安だそうです。
色味の変化を見ながら調整してみてください。
元に戻したいときは、初期化とか元に戻すとかキャンセルで戻るはずです。


----- 画像 003 -----
画像編集作業2


6.画質調整 →カラー → 色相・彩度

えええ…と?
この画像では強調したい色とかないので、全体的に調整するってことで。
編集:マスター
色相:スライダーを右へ上げる
彩度:スライダーへ右へ上げる

----- 画像 004 -----
画像編集作業3


色味の編集は、感覚もあるだろうと思いますし、補色(反対色)の関係もあるので、スライダーを弄ってみたりすると画像がどれくらい変化するか等をイロイロ見てみるといいかもです。
気に入らなければ、初期化や元に戻したりとやり直すことができるのはず。


7.右側パネルのシャープを調整(様子を見ながら)

今回は右へきつめにしてみました。

----- 画像 005 -----
画像編集作業4


8.他の画像をテキトーに調整したり切り取ったりします

  フォーマットの上に重ねていきます

----- 画像 006 -----
画像編集作業5

見事にバラバラです。サイズがあってません。
使えそうなトコロを集めて、取り合えず外円に乗っけてみました。
5枚の画像を使用。


9.↑外円に収まるようにします。画像を大きくしたりバランスを考えましょう。
  拾ってきた画像も合わせましょう。

ここでセンスが問われるわけですね……あぅ;;

ええーとこんな感じにしてみました。

----- 画像 007 -----
scissor_07.jpg



後は、外円外側を切り取ると出来上がり!

----- SAMPLE_Edward-Scissorhands -----
画像編集作業6


って、肝心なトコロ抜けてませんか?
はい。すみません。まとめられなかったんですっ(>_<)
てか、説明画像がね……出来てないんです(-_-;)
画像なくてもいいですかね?
作るの結構めんどくさ……(~_~)

なので、次回はもう少し説明します。
画像と画像の切り目を誤魔化すとか色を足すとか?

……自分のバカさ加減を晒すのがイヤって話もあるらしい。¥

キャプチャ

今回のサンプルとして使うレーベルを失敗して、3日くらい寝込んでました。(嘘)
忙しくてまとめる時間がなかったのですよ……
時間がほすぃです(~_~)


で、



今回はキャプチャに挑戦してみることに!(無茶振りを発揮)

キャプチャできるソフトは色々あるらしい……フリーとかフリーとかフリーとか(ぉい)

インストールの方法や使い方を丁寧に載せて下さってるステキサイト様が山のようにあるのですが。
色々見てると、てか、見すぎて頭が痛くなった(おバカ)
元々パソに入っていたInter WinDVDってヤツが使いやすくて好きなんだが、これは静止画取れない。
機能制限がかかっておるので。
もっと色々とやりたいことがあるんなら、製品版を買えよってことですな。
つか、以前から欲しいな~新しいバージョンも出てるみたいだし~とか思ってたので、メーカーサイトに行ったら更にバージョンがアップしてたよ……
ってことで、購入前に動作確認のためにお試しをダウンロード。ちょっと機能制限があるようだが?
まあ、取り合えず使う分にはいいでしょう。





===== キャプチャしてみるぞ =====


使用ソフト:Inter WinDVD9(お試し版)
WinDVD 9 通常版WinDVD 9 通常版
(2008/02/15)
Windows Vista

商品詳細を見る



再生しつつ、一時停止を利用して静止画を取り込んでみる。

1.取り合えずDVDを再生 → つらつら観る……が、のめり込んで一時停止を忘れる(あほ)

  このシーンがっ!ってところで一時停止(Space)

  パーソナライズ(もしくはP) → 静止画キャプチャ/クイッククリップ

  プレーヤー画面(下方画面)が変わる → +:ピクチャ追加/―:ピクチャ削除

  保存先フォルダに保存される(確認しましょう)

※キーボードショートカット
Space:再生/一時停止
P:キャプチャ
F:早送り(押すごとにX2、X4、~)
R:巻戻し
N:ステップ(コマ送り?)



で、一応静止画が保存されました。
簡単~~~!
そんでもって、これを使ってレーベルを作っていきまーす。
が、死ぬ思いで編集作業です……(大袈裟すぎ)



編集するのは、嬉しがってフォトショエレの最新版で!
お試し版ですけど~(^^ゞ

や、2でもできるんですが、せっかくお試し版があるので使わないとね~(主婦根性)


使用ソフト:Adobe Photoshop Elements7.0(お試し版)


※※元画像は残しておきましょう!※※

失敗した時とかに、もう一度引っ張り出してこれますのでね。




すみません。
もう瞼がものごっつう惹かれあっててダメぽなので、ここから先はまた次回に。(ぇ…

プリントアウト

===== プリントアウトしてみるぞ =====

できれば、試しプリントアウトしたほうがいいと思うんだけど…





使用機器:EPSON PM-A890
使用ソフト:EPSON Multi-PrintQuicker


1.CD/DVDレーベル → 12cm(ワイドエリアタイプ) → 新規作成

2.編集 → 背景 → イメージ → 読込先:ファイル → 参照でファイル指定(画像保存先)

取り合えず収まりました。


3.印刷 → 印刷設定:用紙種類:CD/DVDレーベル → 印刷

※印刷調整とかぼかしも必要なら設定しましょう。
※プリンタへのDVD盤設置方法は、プリンタの取説を見てください。


今回は、試し印刷するDVD盤がないので印刷してませんが、何とかレーベル作成できるようになりました。


----- 画像 012-----
プリントアウト



ちょっと画像011と違う感じになってますが。
色々弄くってみました。
次回からは、画像を弄くりつつ、小技を勉強していきます。


これからは、画像処理の上達を目指してお勉強していきます。まったりとね~


ってか、センスの問題だよな……orz

---- 画像 SAMPLE_robots -----
サンプル

画像の編集

===== 切り取った画像を編集してみるんだぞ =====


ふぅ~切り抜きは疲れる……orz

取り合えず、↓の画像のようにタイトルと出演者を切り取ってみました。

----- 画像 004 -----
切り抜き1



使用ソフト:Adobe Photoshop Elements2.0


1.ファイル → 開く (始めに作ったフォーマットを開きます)
※レイヤーが2枚(外円と内円)

----- 画像 005 -----
切り抜き2


2.↑の画像で説明

画面右側 : カットしたタイトルや人物像の画面をクリック

レイヤーを選択する(切り取ったタイトルとか)

移動ツール → 画像をフォーマットへドラッグ



----- 画像 006 -----
移動してみる





はみ出してます……
なので、外円に収まるように縮小します。

3.移動ツール → 外円の大きさを見ながら調整
※大きさ調整の仕方:Shift押しながら角を移動させれば均等に
※画像回転(自由):角の少し外側にポインタを合わせグリグリ
ポインタの印が変わりますよ。

4.タイトルも同じように移動ツールを使って持ってきます。

----- 画像 007-----
移動してみたら




画像のサイズを調整しつつ、移動しつつ……何とか外円に収めてみました。

は!

真ん中が空くんだったっ!!!

てなわけで。レイヤーの位置を変更してみると……

----- 画像 008-----
サイズ調整



顔にはかからず……ほっ(^-^)

んー…これでは背景が寂しいので
ってことで。
取り合えず、作る、のも有り?

じゃ、作ってみるかー!←無謀
なので、やっぱりまずは簡単に単色を、と思ったのですがグラデーションがあるので入れてみることに。


5.レイヤーの一番下に新規レイヤー作成 → レイヤー名を背景に

6.楕円形選択ツール → スタイル:固定 幅・高さ:11.8cm(小さめにしています。印刷可能範囲も考慮しましょう)

グリッド出します

画像上でクリックして円を移動

グラデーションツール → グラデーションエディタ → テキトーな色を選択(今回は青)

  (今回は)下方から上方へ ※Shift押しながら=直線に引けます



ほうら、背景に色がぁ~♪


----- 画像 009-----
背景1




で、このまま回りを切り取ってみます。(外円)
ちょっとはみ出してる部分もあるので……

1.範囲選択された状態です → 選択範囲 → 選択範囲の反転
にすると、外円から外側が選択された状態になります

2.切り取るレイヤーを選びます(右下のレイヤーのことろです)
    ※今回は主役の分のレイヤーをカットしました

3.編集 → カット

外円のレイヤーを外す(青○)と↓のようになりました

----- 画像 010-----
完成形近し





後、ちょこっとロゴとか入れてみました。
拾ってきたものなので、どっかに落ちてると思いますから探してくださいね。


外円と内円のレイヤーを外してレイヤーの統合を行って、最終保存です。

!!!レイヤーの統合をすると、一つ一つの画像の修正や編集ができなくなります。!!!
!!!別名で保存することをお勧め!!!



って、内円は切り取ったほうがいいのだろうか?

切り取ってみましょう。



※不要になったレイヤー(あれば)はごみ箱に捨てちゃってください。

1.レイヤーの結合を行う。

レイヤー → 下のレイヤーと結合 

取り合えず、『内円と外円以外のレイヤー』を【下のレイヤーと結合】で

2.内円の内側を切り取る。

グリッド表示

楕円形選択ツール → 固定、幅・高さ2.2cm

※プリントすることを考慮して少し大きめにしています。
※プリントするDVD盤の印刷可能領域も考慮してください。

画像上でクリック → 中心点に合わす → 選択範囲の反転

編集 → カット

内円が抜けました。

----- 画像 011-----
内円切り取り




取り合えず、これで基本的なレーベル作成手順は終わり。
保存して、DVD盤にプリントアウトだ!


1.内円と外円のレイヤーは不要なので、ちゃちゃっとゴミ箱へ

2.レイヤー → 画像を統合 → ってするともう修正不可能なので注意してください。
  ※最終保存だけ別名で保存って手も有り

3.jpgファイルで保存 (しないとプリントするソフトに反映されないので)

4.別名で保存 

ファイル名:サンプル 

保存
画像オプション:画質8(今回は高に)
オプション:ベースライン(最適化)



つ、疲れたぁぁぁあああもういやだぁいやだぁ…とかなる。目が痛い……

そして、ついに!
ラベルへのプリントアウトですよーーー!!!

画像の切り抜き

=== 画像収集にチャレンジだぞ っと ===


最初にやるべきじゃ…(汗)

ま、まあ…気紛れにやってるので(^^ゞ
その辺はテキトーに。

ネットで検索徘徊して集めるもよし。カタログやパンフレット、ポスターをスキャンするもよし。

ということで。
今回はお家にあったジャケットからスキャンしてみます。
簡単手近なところから…;;

とにかく、練習練習!!
基本的に必要と思われる操作や機能を覚えるためにとにかく、練習練習!!!
なので、センス云々は問題外ということで…(^_^;)
い、いつかは上手くなるさ。
たぶん…
きっと……
………そのうち;



使用機器:EPSON PM-A890
使用ソフト:EPSON Scan



1.EPSON Scan
  モード:ホームモード
  原稿種:雑誌とか?
  イメージタイプ:カラー
  出力設定:プリンター
  画質調整:(雑誌の場合)モアレ除去フィルタ


プレビューしてみる

スキャンボタン横の▼をクリック
保存先:テキトー
ファイル名:アレコレ  開始番号:001
保存形式:JPEG(*.jpg)


スキャンしてみる



保存先に指定したフォルダにばっちり!
で、気の遠くなるような編集作業へ……やってみることにします。
うぅ…細かい作業がたくさん出てきますのじゃよ~(涙)


使用ソフト:Adobe Photoshop Elements2.0
使用機器:WACOM BAMBOO FUN CTE-650
Wacom Bamboo Fun CTE-650/S0Wacom Bamboo Fun CTE-650/S0
(2007/09/14)
Array

商品詳細を見る
 
↑ペンタブです



01.ファイル → 開く

------ 画像 001 -----
スキャンしたジャケット




あ。歪んでる……斬ったりハッタリするのでいいです。もうめんどくさいし。(をい)



02.念のため?レイヤーの複製を。別にしなくてもいいと思う。

03.やっぱりまずはタイトルっすかね?ってことで、
ビュー → ズームイン ででっかくしてみる

04.タイトル部分だけを切り抜いてみる

長方形選択ツール → タイトルを囲う → 右クリックで選択範囲をコピーしたレイヤー

  タイトル部分だけのレイヤーが出来た!



----- 画像 002 -----
タイトル切抜き1





05.自動選択ツールで選択してみる。けど、そんな素直にタイトルだけ選択してくれるわけもなく……
  地味ぃ~に地道ぃ~に範囲を選択していくのです……時間がかかるぅ~ううぅ;;
※Shift押しながらすると選択場所が広がります 
  おおまかに範囲を選択し、ズームインしてみると選択されてない場所が細々あるので


選択ブラシツール → ブラシの太さを調整しながら選択範囲をしてしていく。クリッククリック!
※はみ出した!大きく取り過ぎ!とかの場合は、Alt押しながらクリッククリック。


  丁寧に縁取りできればそれだけ綺麗に見えます。が…細かすぎるので妥協も大切!←出たよ手抜き(笑)


  取り合えず選択できたら → ズームアウト → 自動選択ツール → 右クリックで選択範囲をカットしたレイヤー



新しいレイヤーができました!レイヤー名を変更しておくとわかりやすい。



----- 画像 003 ----- 
※わかりやすいように背景を白にしてます。本当は透明。
タイトル切抜き2






●●● 保存はこまめにしておきましょう! ●●●





間違って消してしまったり、まれにパソが固まったりすると泣きを見ることに……

後は、タイトルを切り取ったように、人物像とか他のロゴマークとかを範囲選択して、切り取ったりしていくの繰り返しです。

これが恐ろしく時間がかかるし、細かい作業なので、気長に地道に頑張るべし!

きっと高価なソフトだともっと簡単に出来そうですが、どうなんでしょうね。
触ったことないし。つか買われへんし。高すぎで(貧乏主婦)

DVD盤サイズのテンプレート

DVD盤に直接プリントアウトできるプリンターもあるし。
取り合えず画像処理ソフトもあるし。
使わないと勿体無いよねっ!
ってことで……



フォトショエレ古いバージョンで無理くりDVDレーベルを作ってみるぞ!!
と意気込みだけを持ってみた。
が、果てしなく時間がかかりそうだ……挫折しそう(早っ)




※基本的に自分(砂湖)のための備忘録なので、他のソフトの使い方や細かい操作や基本的な操作、呼び名に関しての質問等は受けておりません。答えれるほど理解していないっつうことで(汗)
忘れやすいので、細かい操作も明記するようにしてますが……。
もっと簡単にやりやすい方法とかもあるかもしれません。
取り合えず、自分(砂湖)がレーベルを作るために試行錯誤しながら作ってみるぞっと気紛れにやってみた方法です。
ここで公開している操作や作り方が全てではありませんので、ご了承いただける方のみ閲覧してください。



※Photoshop Elements6も持ってますが、触る暇がない(泣)ので理解しきれてません。
 基本的な操作はあまり変わらないと思います。バージョンがアップしてるのでより良い機能があるとは思いますが……。
 後々、まったり地味に勉強していきます。




『DVDラベル作成関係』記事は、せっかくなので自分で好きに作ってみようと思ったほぼ自分のための操作まとめ備忘録です。(公開してる時点で自分のため100%ではなくなったため)
ネットができる環境であるならば、検索して自分なりに調べる、ことを第一にしてください。(ここを見ているのであればネットはできているはずですよね)
私も色々なステキサイト様を巡り参考にさせていただきながら、一つずつ理解し学びながら制作してみようと頑張っている途中です。
なので、まったりのんびり一緒に勉強してみようという方は、お付き合いいただければ嬉しいです。
間違ってるところもあるかもしれないので、ご指摘がございましたらコメントにてお願いします。


なお、レーベルの作品リクエストとかは受けてません。
そんな高尚な技術もセンスも持ち合わせてないので。
働く主婦は何かと忙しいので、パソにかじりついてばかりもいられません。少ない時間をやりくりし、頑張っている途中です。


※※個人的に楽しむために制作しています。個人の自己責任の上で楽しんでください。※※







=== DVD盤サイズのテンプレートを作成するぞ ===


使用ソフト:Adobe Photoshop Elements2.0



01. ファイル → 新規作成
ファイル名:レーベル外円
ドキュメントサイズ:カスタム
    幅:12 cm
   高さ:12 cm
     解像度:300  pixel/inch
  モード:RGBカラー
内容:透明 (白でもOK)

02.グリッド出す → ビュー → グリッド と グリッドにスナップ に チェック
   ※定規も出しておくと便利かな

03.編集 → 環境設定 → グリッド → カスタム・実線・10mm・4

04.楕円形選択ツール
   スタイル:固定
       幅:12 cm
      高さ:12 cm

05.レイヤー上でクリック (場所はテキトー) → 中心点に合わせて移動するとぴったり真ん中に!

06.境界線を描く  幅:10 pxくらい   色:赤(目立つほうがいいと思うので)
  位置:中央  描画モード:通常 不透明度:100%
※レイヤー上で右クリック → 境界線を描く → 選択範囲 → 選択範囲の解除

07.自動選択ツール → 外円の外側1ヶ所をクリック → Shiftを押しながら残り3ヶ所クリック

08.描画色を設定 → クリックで色変更(好みの色でどうぞ)

09.塗り潰しツール → 選択した範囲(隅4ヶ所)にドロっと → 選択範囲の解除を忘れずに

10.ファイル → 新規作成(レーベル内円作成) → 内円を作成(幅・高さ2 cm)に変える 
  ※内円の大きさは調整してください。

11.楕円形選択ツール
     スタイル:固定
         幅:2 cm
        高さ:2 cm

12.レイヤー上でクリック (場所はテキトー) → 中心点に合わせて移動するとぴったり真ん中に!!

13.境界線を描く → 4を参考

14.自動選択ツール → 内円クリック → 塗り潰しツールで円内にドロっと → 選択範囲の解除を忘れずに

15.移動ツール → 内円 → 外円レイヤーの真ん中辺りへドラッグ → 真ん中にぴったり!
   ※レイヤーが2枚できたことになります

16.レイヤーの名前を変更しておくとわかりやすい。レイヤーを死ぬほど重ねることになるので(嘘)…画像使用数によりけり
右端レイヤー画面 → レイヤーの上で右クリック → レイヤー名の変更

17.ファイル → 別名で保存 → ファイル名(テキトー) → 形式は【photoshop】(*.PSD;*PDD)
  オプションを保存 保存:レイヤーにチェック

※レイヤー保存しておくとレイヤーの数分(作成途中の状態)で残しておけるので。
 途中での保存をする場合は、必ず保存形式をphotoshopでないとダメみたいっすよ?


=== ここまででレーベルのテンプレートができました ===

疲れた……orz

DVDレーベルを作るために勉強中

細々勉強中です。
まったり進めているので、そのうち公開します。

春ですが。
春なので。
眠いです……(__)...zzZZ

 | HOME | 

カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

タグ

Plug-in byまる。hi

徒然

FC2カウンター

プロフィール

*砂湖*

Author:*砂湖*
好奇心だけは旺盛な働くぬる~く浸かってるヲタな主婦。
テンションはいつも低めです。

*****

拍手・コメントありがとうございます♪

HS月別アーカイブ

楽天

Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。