たわいない日常

更新は気まぐれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまにはまともな読書4

またまた、中野京子さんのご本です。

随分以前に某テレビ番組で見て、面白そう!読んでみたい!と思っていたのだが…
図書館ではいつも予約状態で一杯で、いつになったら読めるんだーっ!と思いつつ。
我慢の子だったのですが。
痺れ切らして、買ってしまいました。
と言っても、まだ1しか読んでませんが。

その絵の背景にある事柄を知れば、なるほどと思い、怖っ!と思うわけです。
絵、自体は素晴らしいですよ。天才画家と言われる画家が描いたものですから。



デジカメでパパッと撮影してパソコンでちゃちゃっと色塗りしてささっと処理したんじゃないの?
と思うくらい…
てか、その時代にデジカメどころかパソコンもありませんって。
カメラの元?になった道具は結構、古くからあったようですが。
その原理を生かしてカメラの代わりつか、それを芸術家達が利用し始めたのは15世紀ころの話だそうで。
それにしたって、すごいなーと思う。ナポレオンの戴冠の様子を描いた作品があるのですが、めちゃめちゃデカイ絵なんですよ。
(大塚国際美術館で原寸のレプリカが見れます)
最後の審判とかももちろんデカイですけど、何年もかけて描く、その労力がすごい。
自分は間違いなくすぐ飽きる。ヲイ(一_一)
ってそんなトコロに感心してる場合じゃないんだけど。


絵画に限らず、自分の目で見たものに対して感じることは人それぞれだと思うのですよ。
ある人は怖いと思い、ある人は悲しいと感じ、またある人はエキセントリックだと思うかもしれない。
けれど、
この本に載っている絵画の作者の生い立ちや時代、垣間見える生活や性格などを知れば、人間性が見えとても深い絵になると思う。
絵画の楽しみ方をまた一つ増やせたことは嬉しい。


2と3も読みたいなー…うん。よし。本屋へ行こう!

2と3は読んでないのでわかりませんが、掲載されてる絵画のいくつかが見れるサイトさんがものすごく自分的には参考になりました。
や、読む以前からちょこちょこお邪魔してたんですけど。
本では見辛い絵画もそこそこ大きく見れてとっても重宝!解説なんかもつけていただいてるので参考にもなりますし、高い美術本を買わなくても、どんな絵だったかな?と探したりも。
掲載絵画が増えるのを楽しみにしているのです。

サルヴァスタイル美術館

同じ作者の違った絵画なんかも見れるので、楽しいです。




怖い絵怖い絵
(2007/07/18)
中野 京子

商品詳細を見る



怖い絵2怖い絵2
(2008/04/05)
中野 京子

商品詳細を見る



怖い絵3怖い絵3
(2009/05/28)
中野 京子

商品詳細を見る






本とは関係ないですが。
イタリア行きたーいっ!バチカン市国のベルニーニの作品が見たーい!すごいんですよー綺麗なんですよー大理石なのに、あの人間の肌の柔らかさとか流れる布の質感が素晴らしいっ!
美術作品集も欲しいんですけど、ドイツ語か英語かなんですよねーどっちもさっぱりわかりません!(真顔)

BerniniBernini
(2007/05/30)
Charles AveryDavid Finn

商品詳細を見る


BerniniBernini
(1997/09/26)
Rudolph Wittkower

商品詳細を見る



ま、写真を見るだけでも自分的にはホクホクなんですけど。
でもやっぱり自分の目で見たいー!
プラダの工場にも行けるしーアウトレット商品も買えるしー!←更に関係ねぇし
や、ものすっごく大きく括れば芸術作品…とか言…
てへ。
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ

Plug-in byまる。hi

徒然

FC2カウンター

プロフィール

*砂湖*

Author:*砂湖*
好奇心だけは旺盛な働くぬる~く浸かってるヲタな主婦。
テンションはいつも低めです。

*****

拍手・コメントありがとうございます♪

HS月別アーカイブ

楽天

Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。